あきしんのそろばん教室

★そろばん学習で得られる効果★


そろばん学習は適度な集中の繰り返しです。 限られた時間の中で計算する訓練方法は、集中力を身につけます。


そろばん珠で計算することは、計算の過程が目でわかり、残像として記憶され記憶力が高められます。


右脳の活性化により、イメージ豊かな創造力を引き出します。


そろばんは大きく数をとらえる概算・概数の能力を高め、判断力や分析力を磨きます。


目標を達成する喜び、それに向かってコツコツと努力すること、時には耐えることなど根気がうまれます。


記憶力だけでも左脳の数千倍以上あると言われる右脳。珠算式暗算は右脳の力を育てます。


 そろばん学習は正確さと早さが求められる、集中の繰り返しです。
 集中力が発達すると、周囲を気にせずに長い時間向かい合うことが自然と続けられる力、すなわち忍耐力が養われていきます。また、そろばんは視覚的にとらえた情報を記憶、処理をしていきますので、処理力記憶力が発達していきます。問題を見る、聞く、指で珠におきかえ、記憶し、答えを書き出す。
 ひとつでもミスをすれば、正解までたどり着けない環境での学習は、正確な判断の繰り返しで、このような学習のなかで、従来の暗記型の教育ではない、右脳を鍛え、左脳を含めた脳の基礎能力をアップしていくのです。
 能力開発は、低年齢ではじめるほど、大きな効果が期待できます。

 

 


右脳を鍛える暗算学習。そろばんの珠をイメージして計算する珠算式暗算は、そろばんをやれば自然と身につくものとは限りません。初歩指導の段階から導入されるオリジナルの指導法と教材が暗算力を伸ばす秘密です。

  「ホップ・ステップ・ジャンプ」初めてのそろばんは、この3冊のテキストで練習を進めます。課題学習が細かく設定されているオリジナル教材ですから「できた」「わかった」のスモールステップを繰り返し、次に進む喜びと成功体験を育て、頑張る気持ちがわいてきます。   検定試験、合格という目標を持つことで練習にも力が入ります。また、検定試験の緊張感は集中力を育て、合格で得た達成感は格別なものです。(財)全国珠算連盟認定教場ですから、「珠算」はもちろん「暗算」「読上暗算」「読上算」検定も当教室で受験できます。   個々に与えられる課題と変化に富んだ練習内容は、楽しみながら力を伸ばします。計算ゲームの実施などで応用力を鍛え、緊張感に楽しみが加わった練習を行います。


能力開発としてのそろばんなら幼児、低学年から始めるのが効果大です。
小さい頃から学ぶことで
脳の発達を促します!

数字の読み書きと10までの数を数えられれば大丈夫。まずは体験学習にお越しください。
※初回募集は年中さんからの募集となります。


年齢制限はありますか?
当塾は年齢制限を設けていません。
「読み書きができる」「指を使って簡単な計算(2+3=5程度)ができる」力があれば、まず体験学習へお越し下さい。在籍者は年少さんから大人の方まで幅広い年齢の方が学んでいます。

 
そろばんを一度も触ったことが無くて、心配なのですが…
一人ひとりに合わせて指導を進めます。
入学されるみなさん、そろばんに触れるのが初めての方ばかりです。そろばんの数の読み方など基礎から理解に合わせてきめ細かく指導していきますのでご安心ください。
 
やる気を出してくれるか心配です…
やる気を引き出す「イメージトーク」。
授業のはじめに「さあ、今日も頑張るぞ!」と、先生と子供たちが一緒に声を出すなど、ヤル気を引き出すための「イメージトーク」を心がけています。目標設定→達成した喜び→自信→次の目標と、こつこつ積み重ねる努力が成功体験につながることを自然に学んでいきます。また、授業にゲームやイベントを取り入れることで、「楽しい!」気持ちが持続するよう工夫していきます。

 
お休みしてしまった場合、振替はできますか?
当月内に振替が可能です。
効果的な授業運営のため基本的には、ご予約曜日・時間での出席にご協力いただいております。やむをえずお休みをする場合は、事前にご連絡ください。


 幼いうちから、本当にやれるのか?本当に効果があるのか?確信を持てずにいました。 しかし、千葉県にある、いしど式そろばん教室を見学した時、その思いは払拭されました。
 そこでは、元気な挨拶で教室に入ってきた幼稚園、小学校低学年の子供たちが、着席するなりさっと静かになり、10分、20分、30分と問題をこなしていく姿がありました。私語ひとつなく、どこにそんな集中力・持続力があるのか、驚かされました。レベルはそれぞれ違うけれど、そろばんも指も動かさずに答えを書いていく、小さな子供たち。その中で、そろばんをはじめて2年になるという小学校3年生の女の子は、2桁同士のかけ算の答えを一気に書き上げていました。
 話をきけば、頭の中にそろばんがあるのだと、にこりと笑いました。イメージされたそろばんの珠だけで、計算を終え、記憶して答えを書いているのだと、悟り、改めて、その記憶力、速算力、集中力に驚かされました。これらの能力を今、身につけることは、子供にとって、一生の宝物になることでしょう。
 暗算チャンピオンの小笠原先生のその膨大な数を処理する速さ・正確さに驚くと同時に次の チャンピオンを目指す子供たちの目の輝きに感動しました。